初心者向け

初心者にオススメのネット証券は?選び方や手数料比較・ランキング

ネット証券は、手数料が安く利便性も高いため多くの投資家に利用されています。しかし、投資サービスや手数料の違いで、どのネット証券を利用すれば良いのか?迷ってしまいます。

そこで、本記事では、初心者の方向けのネット証券の比較・ランキング、また自分にあったネット証券の選び方を解説していきます。

初心者向けネット証券の比較・ランキング

はじめに「初心者向けのおすすめネット証券」ランキング形式で発表し、それらのネット証券の解説、またネット証券の選び方を解説していきます。

順位ネット証券理由・特徴
1位SBI証券
  • 全ての投資商品が揃う
  • 手数料が割安
  • 投資信託サービスが充実
2位楽天証券
  • 全ての投資商品が揃う
  • 楽天ポイントで投信の購入ができる
3位岡三オンライン証券
  • 投信の保有でIPOの当選確率が上がる
  • 1日20万円まで手数料無料

以下、各ネット証券の特徴を解説していきます。

第1位:SBI証券

ネット証券で口座開設数(シェア)No.1のネット証券がSBI証券です。最新のオリコン顧客満足度口座総合ランキングでも第1位となっており、利用者の満足度・口コミによる評価も高いことがわかります。

国内・海外株式(ETF含む)、FX、投資信託、CFD、保険や個人型確定拠出年金(iDeCo)まで多くの金融商品を扱っている総合証券なので、どの商品で投資を始めるか迷っている方でも、とりあえずSBI証券の口座を持って入れば、どの投資でも始めることができます。

また、手数料も安く、初心者向けの投資商品である「投資信託」の取扱数が充実しており、ポイント還元サービスもあるので、投資信託を始めるのにも適したネット証券と言えます。

SBI証券の詳細確認・口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大15万円の現金がもらえます。

SBI証券 公式ページ

第2位:楽天証券

SBI証券には劣るものの、口座開設数(シェア)が多いネット証券が楽天証券です。

SBI証券同様、株式・ETF、投資信託、外国株・海外ETFなど、個人投資家が利用するほぼ全ての商品が揃うだけでなく、マネーブリッジで普通預金金利が0.1%になったり、日経新聞が無料で読めるなど独自のサービスが人気です。

また、楽天ポイントで投資信託の購入もできるので、楽天市場や楽天カードなどをよく利用する楽天ユーザーの方は、かなりオススメのネット証券です。

楽天証券の詳細確認・口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大25,000円相当のポイントがもらえます。

楽天証券 公式ページ

第3位:岡三オンライン証券

国内株式やIPO、投資信託の運用であれば、岡三オンライン証券がオススメです。SBI証券や楽天証券のように、外国株の取り扱いは行っていませんが、国内株やIPO、投資信託と運用商品が決まって入れば岡三オンライン証券がオススメです。

岡三オンライン証券のメリット
  • 購入手数料無料【ZEROファンドプログラム】
  • 1日20万円まで手数料無料
  • 保有残高による特典が充実(IPO当選確率・手数料など)
  • 投信ロボで自分にあった商品・配分がわかる

岡三オンライン証券 公式ページ

一番の特徴は、国内株式の手数料で、一日の取引額の合計が20万円以下の場合、手数料が無料になります。SBI証券や楽天証券でも1日10万円まで手数料無料になりますが、20万円まで手数料無料になるのは岡三オンライン証券だけです。

また、資金なしでIPOの抽選に参加できたり、投資信託の保有に応じてIPOの当選確率が飛躍的にアップするなど、国内株やIPO、投資信託を中心に投資を行う方には、必須のネット証券と言えます。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大3ヶ月間、手数料無料で国内株の取引が行えます。

岡三オンライン証券 公式ページ

ネット証券の選び方

次に、どのような基準で上のランキングを決めたか?また、どのようにネット証券を選ぶべきか?ネット証券の選ぶポイントを解説していきます。

初心者(はじめて)の方が、ネット証券を選ぶポイントは、以下の3つがあります。

ネット証券を選ぶポイント
  • 投資商品の品揃えの良さ
  • 手数料(コスト)が安い
  • お得なキャンペーン

手数料の安さ

投資にかかる手数料やコストは、我々投資家への確実なマイナスリターンとなるため、手数料の安い証券会社を選ぶことが重要です。

基本的に、ネット証券の場合、投資信託の購入手数料が無料(ノーロード)であることが多く、かなり手数料が安いため、大きな手数料の違いはありません。

しかし、国内・日本株の取引を行う場合は、以下の表のように、各ネット証券で手数料に違いがあるので、国内株をメインに取引を行う方は、手数料に関してチェックしておきましょう。

証券会社 \ 約定代金10万円20万円50万円100万円
岡三オンライン証券無料無料500円800円
SBI証券無料191円429円762円
楽天証券無料191円429円858円
GMOクリック証券230円230円430円860円
松井証券無料300円500円1,000円
むさし・トレジャーネット1,200円1,200円1,200円1,200円
マネックス証券2,500円2,500円2,500円2,500円

手数料の詳しい比較やランキングは、以下の記事をご参考ください。

ネット証券の手数料比較ランキング|信用取引や一日定額・無料枠など徹底比較
ネット証券の手数料比較ランキング|信用取引や一日定額・無料枠など徹底比較手数料の安さは、証券会社を選ぶ上で最も重要なポイントです。投資コストは、確実なマイナスリターンとなるので、手数料の安いネット証券を選ぶこ...

利便性、商品の充実度

投資を始めたばかりの方やこれから始める方の場合、なかなか投資方針や投資商品が固まらないことが多いと思われます。

そのため、口座開設するネット証券は、国内外の株式や投資信託、ETF、FXなど様々な金融商品を取り扱っている証券会社を選ぶと良いでしょう。

外国株を含むこれらの商品を全て取り扱っているネット証券は、以下の3社です。

中でも、口座開設はSBI証券が最も多く、オリコンのランキングで1位を獲得するなど、人気・実力ともにある大手ネット証券として、最も初心者向けのネット証券と言えます。

SBI証券 公式ページ

お得なキャンペーン

ネット証券では、新規の口座開設でお得な現金やカタログギフト、ポイントなどがもらえるキャンペーンを行っています。

口座開設キャンペーンは、最初だけの大変お得なキャンペーンなので、初めての方はぜひ利用しましょう。下表が、現在行われている各ネット証券の口座開設キャンペーンの特典をまとめたものです。

証券会社特典条件
SMBC日興証券最大1万円相当のカタログギフト
200ANAマイル(口座開設で)
口座開設&各種取引
楽天証券最大100,200円相当のポイント口座開設&各種取引
岡三オンライン証券売買手数料
(最大3ヶ月)
口座開設
ライブスター証券売買手数料
(最大2ヶ月)
口座開設
マネックス証券売買手数料
(最大2ヶ月)
口座開設
SBI証券最大15万円の現金口座開設&各種取引
野村證券今月は無し
GMOクリック証券今月は無し

SBI証券の場合、口座開設と投資信託の取引などで最大15万円の現金がもらえます。また、国内株の取引をメインに考えている方は、岡三オンライン証券の口座開設で最大3ヶ月間、手数料無料になるなど、多くのお得なキャンペーンが行われています。

最新のキャンペーン情報は、以下の記事もご参考ください。口座開設キャンペーン以外のお得なキャンペーンも随時更新しています。

https://net-shoken.com/campaign/campaign-hikaku/

まとめ

ここまで解説してきたように、初心者の方にオススメのネット証券選びは、商品の品揃えや手数料、またキャンペーンなどが充実しているネット証券を選ぶが重要でした。

ネット証券を選ぶポイント
  • 投資商品の品揃えの良さ
  • 手数料(コスト)が安い
  • お得なキャンペーン

これらのポイントを基に、初めての方向けのネット証券を選ぶ場合、やはり本記事でランキング1位とした「SBI証券」がオススメと言えます。

順位ネット証券理由・特徴
1位SBI証券
  • 全ての投資商品が揃う
  • 手数料が割安
  • 投資信託サービスが充実
2位楽天証券
  • 全ての投資商品が揃う
  • 楽天ポイントで投信の購入ができる
3位岡三オンライン証券
  • 投信の保有でIPOの当選確率が上がる
  • 1日20万円まで手数料無料

SBI証券は、シェアNo.1のネット証券でオリコン顧客満足度口座総合ランキングでも第1位となっているので、利用者の満足度・口コミによる評価も高く、多くの投資商品が取り扱えるため、投資初心者の方でも安心して利用できます。

また、SBI証券は、現在お得な口座開設キャンペーンで高額の現金がもらえるので、この機会に口座開設をお持ちでない方は、口座開設を行うと良いでしょう。

SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大15万円がもらえます(7月31日まで)。

SBI証券 公式ページ