キャンペーン

ネット証券のNISA・つみたてNISAキャンペーン比較。おすすめの特典・証券は?

各ネット証券では、NISAやつみたてNISAに関するキャンペーンを行っています。口座開設や入金、数万円の取引などで現金が当たる、お得なキャンペーン内容です。

そこで本記事では、2018年6月現在行われている各ネット証券のNISA・つみたてNISAのキャンペーンの特典や対象条件などを比較し、おすすめキャンペーンなどを解説していきます。

NISA・つみたてNISAキャンペーン比較・一覧

それでは、各ネット証券のNISA・つみたてNISAキャンペーンの内容を比較しつつ、高額の現金がもらえるお得なキャンペーンや各ネット証券のキャンペーンを詳しく見ていきます。

ネット証券各社を比較

2018年6月現在、SBI証券・楽天証券・マネックス証券・野村証券の4社がつみたてNISAのキャンペーンを行っており、下表にまとめたような特典や条件となっています。

証券会社特典条件
SBI証券2,000円の現金
(抽選で2,000名)
つみたてNISA口座開設
&2万円以上の入金
楽天証券2,000円の現金
(抽選で2,000名)
つみたてNISA口座開設
マネックス証券最大5,200円の現金
(内5,000円分は抽選)
定期自動入金で200円。
初めての積立で抽選で2,000円
つみたてNISA口座開設で抽選で3,000円
野村證券最大10万円の現金5万円以上の購入または積立
岡三オンライン証券今月は無し
SMBC日興証券今月は無し
GMOクリック証券今月は無し
ライブスター証券今月は無し

SBI証券と楽天証券は、つみたてNISAの口座開設と2万円の入金で2,000円の現金が当たります。また、マネックス証券と野村証券は、取引額に応じて現金が当たるキャンペーンで、既に口座開設している方でも参加可能です。

特典が豪華なおすすめキャンペーンは?

キャンペーン特典が最も高額なのは野村証券で、5万円以上の投資信託の購入で10万円の現金が当たる可能性があります。1万円の現金は1,000名に当たるので、

ただし10万円以上の投資信託の購入が必要なので、ハードルが高いという方は、つみたてNISA口座開設と2万円の入金で2,000円のチャンスがあるSBI証券がオススメです。

おすすめキャンペーン

楽天証券もSBI証券と同様のキャンペーンを行っていますが、将来の投資信託の購入を考えた場合、投資信託の保有額に応じてもらえるポイントの還元率がSBI証券の方が高いため、SBI証券のオススメになります。

SBI証券 公式ページ

各ネット証券のキャンペーン解説

以下、各ネット証券のキャンペーンを詳しく見ていきます。上の表で、興味を持った証券会社のキャンペーンがあった場合、ご確認ください。

SBI証券

SBI証券では、つみたてNISAの口座開設とその後の2万円の入金で、現金2,000円が当たるキャンペーンを行っています。

SBI証券つみたてNISA口座開設キャンペーンの概要

項目内容
期間2018/7/31(火)まで
対象者以下の条件を全て満たした方

  • つみたてNISA口座の申し込みを行う(7/31まで)
  • つみたてNISA口座開設完了(8/31まで)
  • 口座からSBIハイブリッド預金へ「一括で」20,000円以上振替(8/31まで)
内容対象条件を満たした方の中から抽選で2,000名に現金2,000円プレゼント
入金予定2018年9月末

キャンペーンの対象者となるためには、7月31日までにつみたてNISAの口座開設を行い、その後8月31日までに一括で2万円以上の入金を行う必要があります。

また、入金だけではなく、つみたてNISAで投信積立設定を行うことで、現金の当選確率が2倍になります。入金だけの場合、抽選口数が1口ですが、投信積立設定を行うと2口に倍増します。

SBI証券は投信マイレージと呼ばれる、投資信託の保有額に応じた高還元のポイント付与サービスがあるので、個人的に「つみたてNISA用」として最もオススメできるネット証券です。

SBI証券 キャンペーン【公式】

SBI証券は、お得な投資信託の他にも、米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントやPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(6月30日まで)

SBI証券 公式ページ

楽天証券

楽天証券では、NISAまたはつみたてNISAの口座開設で、現金2,000円が当たるキャンペーンを行っています。また、口座開設後、つみたてNISAで初めて取引(5,000円以上)すると、さらに現金3,000円の当選チャンスがあります。

楽天証券NISA・つみたてNISA口座開設キャンペーンの概要

項目内容
期間2018/6/29(金)まで
対象者
特典
  1. 期間中にNISA(つみたてNISA、ジュニアNISA含む)口座を新規開設した方
    ⇒ 抽選で2,000名に2,000円プレゼント
  2. 期間中に「つみたてNISA」ではじめて取引(合計約定金額が5,000円以上)した方
    ⇒ 抽選で1,000名に3,000円プレゼント
入金予定2018年7月末

キャンペーンの対象者となるためには、6月29日までにつみたてNISAの口座開設を行う必要があります。また、その後の初めて取引キャンペーンにも参加する方は、6月29日までに合計5,000円以上の取引が必要になります。

SBI証券の同様のキャンペーンでは、最大でも2,000円の現金しかもらえませんが、楽天証券ではつみたてNISA口座開設後、取引を行うことで5,000円の現金をもらえるチャンスがあります。

また、口座開設時の2,000円の抽選券も入金が必要ないため、入金が必要なSBI証券のキャンペーンと比べると、若干ハードルが低めになっています。

楽天証券 キャンペーン【公式】

楽天証券は、お得なポイント還元で投資信託が保有できたり、マネーブリッジで普通預金金利が0.1%になったり、豊富な外国株・海外ETFの品揃え、ステージ制IPO、また日経新聞を無料で読めるなど数多くのメリットがあります。

楽天証券の詳細確認・口座開設は、以下から行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大25,000円相当のポイントがもらえます(6月30日まで)

楽天証券 公式ページ

野村証券

野村証券では、つみたてNISA、または投信積立で、合計5万円以上の投資信託の買付を行った方の中から、抽選で1,000名の方に1万円、100名の方に10万円をプレゼントするキャンペーンを行っています。

野村証券つみたてNISAキャンペーンの概要

項目内容
対象期間2018年12月28日(金)まで(約定日ベース)
対象者投信積立、またはつみたてNISAで、合計5万円以上買付けした方
特典
内容
対象者の中から抽選で100名様に現金10万円、1,000名様に現金1万円
入金予定2019年2月末

キャンペーンの対象者となるためには、2018年中(12月28日)までに、合計5万円以上の投信をつみたてNISAなどで買付する必要があります。

抽選口数は、5万円を1口となるため、たくさん購入すればするほど抽選口数が増えます(上限無し)。また、新規に契約・買付けした場合、口数が2倍になるので、新たに取引される方はさらに当たりやすくなります。

先に紹介したSBI証券と楽天証券と比べると、プレゼント額が大きいので、それなりの金額でつみたてNISAで投資信託の購入を考えている方は、狙っても良いキャンペーンかもしれません。

野村証券 キャンペーン【公式】

マネックス証券

マネックス証券では、つみたてNISAの口座開設などで、最大5,200円がもらえるキャンペーンを行っています。つみたてNISAの口座開設で現金2,000円が当たるほか、初めての投信の積立(または再開)で、抽選3,000円も当たります。

マネックス証券つみたてNISAキャンペーンの概要

項目内容
期間2018/7/31(火)まで
対象者
特典
  1. 期間中にNISA(つみたてNISA、ジュニアNISA含む)口座を新規開設した方
    ⇒ 抽選で2,000名に2,000円プレゼント
  2. 9月28日まで積立の利用を継続し、合計で3万円以上つみたて実績がある方
    ⇒ 抽選で300名に3,000円プレゼント
  3. 8月8日までに定期自動入金サービスをを1回以上行った方
    ⇒ もれなく200円

入金予定2018年7月末

つみたてNISA口座キャンペーンの対象者となるためには、7月31日までに口座開設を行う必要があります。現金が当たった場合、8月下旬に総合口座に入金されます。

また、本キャンペーンに付随した投信の積立は、9月28日(金)まで、投信つみたての利用を継続し、合計で3万円以上の積立実績があることが、キャンペーン対象者の条件となっています。

ちなみに、定期自動入金サービスを設定し、8月8日(水)までに入金実績があった場合、もれなく200円がもらえますので、忘れずに設定したい所です。

マネックス証券 キャンペーン【公式】

マネックス証券は、キャンペーンの他にも、業界最安水準の米国株・ETFの売買手数料や100%完全平等抽選のIPOなどで人気のある証券会社です。米国株の品揃えはダントツの1位で米国株へ投資する方には必須の証券会社と言えます。

まとめ

ここまで解説してきたように、SBI証券・楽天証券・野村証券・マネックス証券の4社で、NISAまたはつみたてNISAに関するお得なキャンペーンを行っています。

少額非課税制度(NISA)は、その制度自体、非課税メリットがありお得ですが、今回紹介したキャンペーンを利用することで、さらにお得にNISAやつみたてNISAの取引が行えます。

中でも野村証券のキャンペーンでは、最大10万円の現金が当たる可能性があるので、高額現金を狙いたい方は利用しても良いキャンペーンです。

ただし、投資額のハードルや競争率が高いので、つみたてNISA口座開設や入金のみで、現金をもらいたい方は、SBI証券のキャンペーンがオススメです。こちらも抽選ではありますが、対象者条件のハードルは低めです。

おすすめキャンペーン