比較

ETFのおすすめネット証券は?売買手数料を比較・ランキング

手数料の安さは、証券会社を選ぶ上で最も重要なポイントです。投資コストは、確実なマイナスリターンとなるので、手数料の安いネット証券を選ぶことで、投資パフォーマンスの確実な向上が見込めます。

そこで、本記事では、各ネット証券のETF(国内)の売買手数料を徹底比較していきます。信用取引、無料で取引ができる条件などからオススメのランキングも公開します。

ネット証券のETF手数料比較ランキング

さっそく、ネット証券のETF手数料比較ランキングを発表し、なぜそのネット証券がオススメか?特徴やメリットを解説して行きます。

順位ネット証券理由・特徴
1位岡三オンライン証券
  • 1日20万円の取引まで手数料無料
  • 口座開設キャンペーンで最大3ヶ月手数料無料
  • 大口優待で信用取引の手数料無料
2位むさし証券
トレジャーネット
1約定毎(5万円以上)の手数料が国内最安水準
3位SMBC日興証券信用取引が手数料無料

SBI証券や野村証券の大手ネット証券ではなく、昨今手数料の大幅値下げを行っている新興ネット証券がランキング上位となっています。

基本的に、国内ETFは国内株の手数料と同じなので「ネット証券の手数料比較ランキング」と似たランキングとなっています。

以下、各ネット証券について詳しく見ていきます。

第1位:岡三オンライン証券

日本株の取引を行う場合、岡三オンライン証券が最もオススメです。オススメの理由は、定額プランの手数料の安さです。1日の取引額が20万円以下の場合、手数料が完全に無料になります。

また、この20万円の無料枠は、現物取引・信用取引それぞれにあるので、現物・信用合わせると全部で40万円まで手数料が無料になります。

岡三オンライン証券 公式ページ

SBI証券や楽天証券、松井証券でも1日の取引額が10万円以下の場合、手数料が無料になりますが、20万円まで手数料無料になるのは、岡三オンライン証券だけです。

岡三オンライン証券のメリット
  • 1日20万円まで手数料無料(現物と信用合わせて40万円分)
  • 大口優待で信用取引完全無料
  • 口座開設キャンペーンで最大3ヶ月間、手数料無料

岡三オンライン証券 公式ページ

また、国内株の取引額の条件、または投資信託の保有残高の条件を満たすことで、信用取引の手数料が無料にまでなります。

今なら口座開設キャンペーンで最大3ヶ月間、手数料無料になるので、この機会に口座開設を行い、取引を試してみるのも良いでしょう。

岡三オンライン証券 公式ページ

第2位:むさし証券(トレジャーネット)

一約定毎の手数料が最も安いのがむさし証券トレジャーネットです。これまではライブスター証券が最安の座についていましたが、むさし証券の2016年11月の手数料改定で、1約定毎プランで最安になりました。

以下の表は、むさし証券(トレジャーネット)の手数料ですが、1約定あたり20万円以下であれば、100円を下回る手数料で、国内株の売買が行えます。

むさし証券 公式ページ

第3位:SMBC日興証券

信用取引を行う場合、オススメなのがSMBC日興証券です。なんと全ての価格帯が手数料無料で取引できます。

岡三オンライン証券も20万円以下は手数料無料ですが、全取引額で手数料無料なのは、SMBC日興証券だけです。現物取引の手数料は最安ではありませんが十分安いので、信用取引を行う場合はSMBC日興証券一択と言って良いでしょう。

SMBC日興証券 公式ページ

番外編:カブドットコム証券

カブドットコム証券では、以下の8銘柄に限定して、常に手数料無料で取引が行えます。フリーETFと呼ばれるサービスで、この8銘柄を利用することで、国内外の様々な市場に分散投資が行えます。

銘柄名(証券コード)投資先信託報酬
MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(1593)日本株0.078%
MAXIS日経225上場投信(1346)日本株0.17%
MAXISトピックス上場投信(1348)日本株0.078%
MAXIS JPX日経中小型株指数上場投信(1492)日本株0.54%
MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)先進国株0.25%
SPDR S&P500 ETF(1557)米国株0.0945%
ABF汎アジア債券インデックス・ファンド(1349)アジア債券0.25%
MAXIS Jリート上場投信(1597)国内リート0.25%

そのため、この8銘柄を取引予定の方は、カブドットコム証券がオススメです。

カブドットコム証券

ETF向けネット証券の選び方|2種類の手数料

国内ETFの取引にかかる手数料は、大きく分けて「売買手数料」と「信託報酬」の2種類があります。

2種類の手数料
  • 売買手数料:ETF取引時にかかる手数料。各ネット証券で違い
  • 信託報酬:ETF保有時にかかる手数料。ネット証券で共通の価格

売買手数料は、国内株式と同様に、ETFを買付・売却する際にかかる手数料です。一方、信託報酬は、ETF保有時にかかるETF特有の手数料です。

ETF取引用のネット証券を選ぶ場合、重要になるのは「売買手数料」です。信託報酬は、どのネット証券でも同じ値段ですが、売買手数料は各ネット証券によって変わります。

そのため、売買手数料の安いネット証券を選ぶことが重要です。そして、国内株式と同様の手数料になるため、基本的には国内株の安いネット証券を選ぶことになります。

そのため、売買手数料の安いネット証券を選ぶことが重要です。そして、国内株式と同様の手数料になるため、基本的には国内株の安いネット証券を選ぶことになります。

現物(初心者向け)の手数料比較|各プランの最安は?

次に、国内株式・現物取引での各ネット証券の手数料を、購入価格帯毎に比較していきます。国内株式の手数料プランには、以下のように、定額プランと約定毎のプランがあるので、2つの料金体系(プラン)毎に比較していきます。

国内株式の料金体系
  • 定額プラン:1日の取引合計金額で手数料が決まる
  • 約定毎:1回の取引(約定)毎に手数料が決まる

1日定額プラン

以下の表は、定額プランのあるネット証券の手数料を比較したものです。岡三オンライン証券が20万円まで、SBI証券・楽天証券・松井証券が10万円まで、手数料無料になっています。

証券会社 \ 約定代金10万円20万円50万円100万円
岡三オンライン証券無料無料500円800円
SBI証券無料191円429円762円
楽天証券無料191円429円858円
GMOクリック証券230円230円430円860円
松井証券無料300円500円1,000円
むさし・トレジャーネット1,200円1,200円1,200円1,200円
マネックス証券2,500円2,500円2,500円2,500円

やはり、20万円まで手数料無料で取引できる岡三オンライン証券がお得です。

取引額が20万円以上となる場合、SBI証券の方が若干安いですが、20万円まで無料になる岡三オンライン証券の方がインパクトが大きいので、私自身は岡三オンライン証券を利用しています。

今なら口座開設キャンペーンで最大3ヶ月間、手数料無料になるので、この機会に口座開設を行い、取引を試してみるのも良いでしょう。

岡三オンライン証券 口座開設

1約定毎プラン

次に、1取引(約定)毎のプランを見ていきます。

証券会社 \ 約定代金5万円10万円50万円100万円
岡三オンライン証券90円99円350円600円
むさし証券
トレジャーネット
75円75円175円320円
DMM株50円97円180円340円
SBI証券50円90円250円487円
楽天証券50円90円250円487円
ライブスター証券80円80円180円340円
GMOクリック証券88円88円241円436円
マネックス証券100円100円450円1,000円

ネット証券の国内株手数料比較(税抜)

一回の取引額が10万円以上となる場合、最も手数料が安いのは「むさし証券(トレジャーネット)」です。2016年11月の手数料改定により、それまで最も安かったライブスター証券を下回る手数料となりました。

ただし、5万円以下の場合は、DMM株・SBI証券・楽天証券の手数料が最安になっています。この3社の場合、5万円以下の価格帯でDMM株が最も安いので、5万円以下の価格帯の株式の取引頻度が多い方は、むさし証券よりもDMM株がオススメです。

まとめ(1約定毎プラン)
  • むさし証券(トレジャーネット)が最安
  • 5万円以下の約定代金の場合のみDMM株が安い
    ⇒ 5万円以下の価格帯でよく売買する人はDMM株がオススメ

信用取引の手数料比較|各プランの最安は?

次に、信用取引手数料の料金体系を見ていきます。信用取引の場合も、現物取引同様に、二種類の料金体系(プラン)があるので、それぞれの場合で比較していきます。

1日定額プラン

定額プランのあるネット証券の手数料は、以下の表にまとめたようになっています。現物取引同様、岡三オンライン証券が20万円まで、SBI証券・楽天証券・松井証券・GMOクリック証券が10万円まで、手数料無料になっています。

証券会社 \ 約定代金10万円50万円100万円300万円
SMBC日興証券無料無料無料無料
岡三オンライン証券無料500円700円1,000円
SBI証券無料239円477円1,277円
楽天証券無料429円858円3,000円
むさし・トレジャーネット1,200円1,200円1,200円1,200円
ライブスター証券400円400円400円1,200円
GMOクリック証券無料200円400円1,200円
松井証券無料500円1,000円3,000円
マネックス証券2,500円2,500円2,500円2,500円

ただし、信用取引の場合、SMBC日興証券が取引額に関わらず手数料が無料になります。現物取引の手数料は、他のネット証券と比べて割高ですが、信用取引を中心に行う方は、SMBC日興証券がオススメです。

また、20万円まで手数料無料の岡三オンライン証券は、大口優待により、株式の取引状況や投資信託の保有残高に応じて、信用取引の手数料が無料になるサービスもあるので、現物・信用どちらも同じくらいの取引の方は、こちらがおすすめです。

岡三オンライン証券 公式ページ

1約定毎プラン

1約定毎のプランでも、全ての取引額で手数料が無料になるSMBC日興証券のお得度が群を抜いています。国内株取引で信用取引が中心になる方は、SMBC日興証券で手数料を省いて取引しましょう。

証券会社 \ 約定代金10万円20万円50万円100万円
SMBC日興証券無料無料無料無料
むさし・トレジャーネット75円95円175円320円
ライブスター証券80円80円80円80円
GMOクリック証券89円130円170円240円
岡三オンライン証券99円150円300円500円
SBI証券143円143円191円360円
楽天証券250円250円450円450円
マネックス証券95円140円190円355円
カブドットコム証券99円179円449円760円

まとめ|手数料の安いオススメネット証券は?

ここまで解説してきたように、ETFの手数料は、各ネット証券で結構違います。ETFの信託報酬は、各ネット証券で共通ですが、売買手数料が各ネット証券によって大きく変わりました。

基本的には、現物・信用取引で1日20万円まで手数料無料となる岡三オンライン証券がオススメです。今なら口座開設キャンペーンで3ヶ月間手数料が完全無料となるので、この期間中に使用感や20万円以下の取引頻度などを見定めると良いでしょう。

岡三オンライン証券 公式ページ

また、信用取引を多めに行う方、または1約定毎の手数料体系が良い方は、それぞれSMBC日興証券むさし証券を選ぶと良いでしょう。

項目マネックス証券SBI証券楽天証券
売買手数料約定金額の0.45%
*5ドル以上20ドル未満
為替手数料0.25円
住信SBIネット銀行で0.04円
0.25円0.25円
取扱銘柄数約1,300銘柄約3,000銘柄約1,300銘柄
リアルタイム株価月額500円無料月額1,000円
取引ソフトの有無なしPC、スマホPC
時間外取引××
特定口座
定期自動買付××
貸株××