楽天証券

楽天カードの投資信託積立で1%分のポイントをもらう方法と注意点【楽天証券】

楽天証券では、投資信託の自動積立の決済方法として「楽天カード」を利用することができます。

このサービスの魅力・メリットは、通常の楽天カードの買い物と同様に、積立額の1%がポイント還元される点です。

貯めたポイントは、楽天市場などでのショッピングだけでなく、投資信託の購入にも利用できるため、節約や投資・資産運用に大活躍のサービスと言えます。

そこで、本記事では、楽天カードでの投信積立のメリットや注意点を解説するとともに、カード決済で自動積立を行う際の設定方法などを詳しく解説して行きます。

楽天カードでの投資信託の積立でポイントをもらうには、楽天証券と楽天カードが必要になります。まだ、口座開設やカード発行を行なっていない方は、以下の公式ページから無料で行えます。

楽天カードで投資信託の積立を行うメリットと注意点

楽天カードでの投信積立のサービスの概要やメリット、注意点などを解説していて行きます。

積立額の1%分のポイントがもらえる【メリット】

楽天カードでの投信積立は、楽天証券限定のサービスです。

楽天証券で投資信託の積立を行い、積立決済に楽天カードを選ぶことで、積立額の1%分の楽天スーパーポイントがもらえます。

楽天ポイントは、楽天市場でのお買い物や楽天サービスの決済に1pt → 1円として利用できるため、楽天カードで積立ことで無条件で1%分の投資利益を得ることができます。

楽天ポイントで再投資も可能

貯まった楽天ポイントは、楽天市場などでの買い物だけでなく、投資信託の購入にも利用することができます。そのため、積立の楽天カード決済で貯まったポイントを投信の再投資に当てことで、さらに運用効率を上げることができます。

楽天ポイントで投資信託を購入する方法やメリットは、以下の記事をご参考ください。

楽天ポイント投資のメリットは?やり方や楽天カードのお得な裏技、おすすめ投資信託も解説楽天証券では、楽天カードや楽天市場などの利用で貯まる楽天スーパーポイント(以下、楽天ポイント)で、投資信託の購入が行えます。 また...

楽天カード決済による積立上限額は月5万円まで【注意点】

楽天カード決済での投信積立の注意点は、カード決済の上限額が「月5万円」である点です。

ただし、毎月5万円積立を行えば、年間で最大60万円の投資が行え、カード決済によるポイントが6,000pt貰えることになります。

また、つみたてNISAの利用を検討されている方は、上限が年間40万円になるため、毎月3〜4万円の投信積立を行えば、つみたてNISAをさらに効率的に利用できます。

まとめ

ここまで解説してきたように、楽天証券での投資信託の積立に楽天カードを利用すれば、積立額の1%分のポイントが無条件で貰えます。

貯まったポイントは、楽天市場のお買い物だけでなく、投資信託の購入資金にもできるので、投信へのポイント再投資によって、さらに運用効率を上げることができます。

楽天カードでの投信積立の特徴
  • 楽天証券の投信積立の決済に楽天カードが利用可能に
  • 積立額(カード決済額)の1%分のポイント還元
  • 楽天ポイントで投資信託の購入も可能
  • 特定口座やNISA・つみたてNISA口座にも対応
  • 上限額が月5万円(年間:最大60万円)
    ⇒ 年間で最大6,000ptが貰える

投資において1%のリターンをあげることは簡単なことではありませんが、楽天カードによる積立投資では、1%のリターンを確実に得ることができます。

楽天ポイントで投資信託の購入を行うこともできるので再投資することで、さらなる運用効率をあげることができます。

楽天カードで投資信託の積立を設定する流れ・手順

次に、楽天カードで投資信託の積立を行う具体的な方法を解説して行きます。

準備するもの

楽天カードで投資信託の積立を始めるには、楽天証券の口座と楽天カードが必要です。いずれか、または両方をお持ちでない方は、口座開設やカード発行を行いましょう。

準備するもの

以下の公式ページリンクから口座開設・カード発行が無料で行えます。

楽天証券の口座開設のやり方や流れは、以下の記事をご参考ください。

楽天証券口座開設の流れ・手順【画像付き】口座開設の方法や係る日数を解説楽天証券は、楽天ポイント・カードでの投資信託の購入などで人気のネット証券です。そのため、口座開設も増えていますが、一方で口座開設の流れや...

楽天証券は、ポイント等でお得な投資信託サービスの他にも、マネーブリッジで普通預金金利が0.1%になったり、豊富な外国株・海外ETFの品揃え、ステージ制IPO、また日経新聞を無料で読めるなど数多くのメリットがあります。

口座開設費・維持費は無料ですし、現在口座開設キャンペーンで最大20万円相当のポイントがもらえるので、口座をお持ちで無い方は、この機会に口座開設すると良いでしょう。

楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。

楽天証券 公式ページ

本サイトでの楽天証券の詳細やキャンペーン情報の解説は、以下をご参照ください。

楽天証券口座開設のメリット・デメリット|ポイント投資や手数料などを徹底解説楽天証券 は、国内外の株式・ETF、投資信託、債券、IPO(新規公開株)、FX、確定拠出年金(iDeCo)など多様な金融商品を取り扱って...

楽天カード決済で自動積立を設定する方法

楽天カードと楽天証券が揃ったら、次に、楽天カードで自動積立の設定を行って行きます。まずは、楽天証券の口座にログインしてください。

以下はログイン後の画面ですが、上部にある「投信」タブをクリックして、投資信託の画面へ進んで下さい。

楽天証券のログイン画面|投信タブをクリック楽天証券のログイン画面|投信タブをクリック

ホーム画面で「投信」タブをクリックすると、以下の図のような投資信託の専用画面へ移動します。画面中央あたりにある「積立注文」ボタンをクリックすることで、自動積立の設定画面へ移動できます。

楽天証券の投資信託トップ画面|「積立注文」をクリック楽天証券の投資信託トップ画面|「積立注文」をクリック

「積立注文」ボタンをクリックすると「積立約款同意状況」に移動します。「投資信託積立取引約款」の閲覧ボタンを押して先に進みましょう。

投資信託積立取引約款を閲覧する投資信託積立取引約款を閲覧する

「投資信託積立取引約款」の閲覧ボタンを押すと以下のような画面へ移動しますので、最後まで読んで(スクロールして)、画面下部にある「同意」ボタンをクリックして、先に進みましょう。

最後まで読んで(スクロールして)同意すると先に進める最後まで読んで(スクロールして)同意すると先に進める

投資信託積立取引約款に同意すると、以下のような画面へ移動します。ここで「ファンド名」という検索窓から、積立設定を行いたい投資信託を検索しましょう。投資信託のフルネームを入れなくても、例えば「eMAXIS Slim」みたいな感じでも検索可能です。

楽天証券の投資信託サーチ画面|積立用のファンドを検索楽天証券の投資信託サーチ画面|積立用のファンドを検索

検索が終わり、投資信託(ファンド)を選ぶと、以下のような画面へ移動します。今回は「eMAXIS Slim国内債券インデックス」の場合の例となります。どのファンドを選んでも、これ以降の操作は全て一緒なので、皆様の好きなファンドを選んで下さい。

積立する投信(ファンド)が決まったら、積立設定の画面へ積立する投信(ファンド)が決まったら、積立設定の画面へ

この画面へ移動すると、画面下部の方に「楽天カードクレジット決済」というボタンがあるので、楽天カードで投資信託の自動積立を行う場合は、こちらをクリックして下さい。

楽天カードクレジット決済を選ぶ楽天カードクレジット決済を選ぶ

「楽天カードクレジット決済」をクリックすると、以下の図のように、カードの登録画面が出てきますので、カード番号や有効期限、セキュリティコードなどを入力し、楽天カードを登録しましょう。

楽天カードの登録を行う|カード番号・有効期限・セキュリティコード等を入力楽天カードの登録を行う|カード番号・有効期限・セキュリティコード等を入力

カードの登録が終わると、以下の図のように、チェックマークと一緒に登録した楽天カードの下4桁が表示されます。これで、カードの登録は完了したので、画面下部へ移動します(下へスクロール)。

登録カードが「楽天カードクレジット決済」の下に表示される登録カードが「楽天カードクレジット決済」の下に表示される

画面下部へ移動すると、以下の図のように、積立金額の入力画面になります。楽天カードの場合、上限は月5万円となりますので、100円〜5万円の中で、お好きな金額を入力しましょう。

積立設定する金額を入力する|楽天カード決済の場合、上限が月5万円積立設定する金額を入力する|楽天カード決済の場合、上限が月5万円

積立金額の入力が終わると、次に「ポイント利用設定状況」というものが出てきます。ここでは、ポイントを積立時に利用するか否かを設定できます。私は、カードで月5万円支払い、その分の500ポイントをもらいたいので、ポイントは「利用しない」を選びました。

楽天ポイントの利用状況も設定できる楽天ポイントの利用状況も設定できる

最後に、分配金コースと口座の選択を行います。分配金コースは「再投資型」、口座は「特定口座」を選びました。特定口座を選ぶと、投資信託や株式の損益通算を自動でやってくれるなど、確定申告が不要(または劇的に簡単)になるので、特定口座がオススメです。

分配金コースと口座を選ぶ|再投資型・特定口座がおすすめ分配金コースと口座を選ぶ|再投資型・特定口座がおすすめ

これらのオプションを選んだら「目論見書の確認へ」をクリックして、先に進みましょう。

「目論見書の確認へ」をクリックすると、以下の図のような画面へ移動します。目論見書を閲覧し「注文内容確認へ」をクリックすると、積立内容の確認画面へ移動できます。

目論見書を閲覧し、注文内容の確認画面へ移動する目論見書を閲覧し、注文内容の確認画面へ移動する

以下の図が、積立内容の確認画面です。引き落としの設定やファンド名、初回積立日などをチェックしておきましょう。楽天カード決済の場合、月初の営業日が積立予定日となります。

積立注文の内容を確認する積立注文の内容を確認する

確認画面で最後に、「取引暗証番号の入力」を行い、「注文する」をクリックすると、楽天カード決済での自動積立の設定が完了します。お疲れ様でした!

取引暗証番号を入力し「注文する」をクリックすると、積立設定が完了する取引暗証番号を入力し「注文する」をクリックすると、積立設定が完了する

このように、最初は手間がかかる自動積立の設定ですが、一度行ってしまえば、あとは自動で投資信託が積み上がっていき、楽天ポイントも貯まっていきます。

「注文する」をクリックすると、以下のような画面へ移動します。「積立設定履歴照会」をクリックすると、積立内容の確認が行えます。

積立設定内容を照会できる積立設定内容を照会できる

照会画面へ以下のようになっており、登録カードや投資信託、注文方法などが確認できます。

積立設定情報の照会画面積立設定情報の照会画面